特集陳列 獅子と狛犬@京都国立博物館

神社に行くと、よく写真を撮ってくる狛犬。京都国立博物館で獅子と狛犬ばかりを集めた『特集陳列 獅子と狛犬』をやっていたので見てきました。

10対ほどの獅子・狛犬の展示で1部屋に収まってしまうほど、こじんまりとしていましたが、あばら骨が彫られていてリアルだったり、首に鈴がついていたり、ヒゲやマユが生えていたりと、一度にいろいろな狛犬を見られて面白かったです。


特集陳列 獅子と狛犬


獅子・狛犬のルーツは百獣の王であるライオン。
エジプトのスフィンクスは、顔は人間、からだが獅子の姿をしています。インドではライオンは仏教の偉大さを表すために、仏像の台座や柱に表されました。
ライオンが生息しない中国では、唐獅子と呼ばれる独特の姿で表され、唐獅子にはまゆげがあります。

仏教における獅子は文殊菩薩の乗り物であり、仏浬薬図では仰向けになって仏陀の死を嘆く獅子が描かれます。
日本に獅子が伝えられると、対になる存在として狛犬が考えられて、ペアで表されるようになりました。


京都博物館2015年度年間スケジュールより
特集陳列 獅子と狛犬

獅子、狛犬ともに百獣の王ライオンの姿を写したもので、頭上に一本の角がある方を狛犬、無い方を獅子と呼びます。エジプト、中東地域では写実的なライオンが造られましたが、生育地から遠く離れた中国では姿が変わって唐獅子となり、それが日本に伝わりました。平安時代以降の神社や寺院の入り口、あるいはお堂に置かれ、境内や神仏の像を守護する役を担ったのです。10対ほどの獅子・狛犬を並べた空間をおたのしみください。

日 程:2015年12月15日(火)~2016年3月13日(日)
展示室:1階-5

展示作品リスト【獅子と狛犬】

指定作品名員数所蔵
獅子・狛犬(東寺伝来)1対
重文獅子・狛犬1対滋賀・御上神社
重文獅子・狛犬1対広島・厳島神社
獅子・狛犬(峰定寺伝来)1対京都国立博物館
重文獅子1対滋賀・大宝神社
重文獅子・狛犬1対京都・八坂神社
重文獅子・狛犬 ※1対和歌山・丹生都比売神社
重文獅子・狛犬1対京都・藤森神社
重文獅子・狛犬2対京都・高山寺
重文石造獅子1対京都・由岐神社
 ※ 1F 彫刻展示室にて展示

1F入ってすぐの彫刻展示室にある和歌山・丹生都比売神社の獅子・狛犬の一対は、かっこうがいい。

京都・八坂神社の獅子・狛犬が気に入ったかな。
あばら骨が彫られていて写実的。玉眼のせいかうるんだ目が何か語りかけてくるような感じがする。

高山寺の獅子・狛犬(重文 嘉禄元年(1225)・鎌倉時代)は、運慶の子・堪慶の作の可能性大だそうだ。ネームバリューを考慮しても、なかなか良い出来だと思う。

大宝神社の獅子(重文 鎌倉時代・13世紀)は、首に鈴がついている!!

御上神社の獅子・狛犬(重文 平安時代・11世紀)は、眉が高く、目が奥に引っ込んでいるせいか困った顔と驚いた顔をしている。
でもじっと見てると、なんだか情けない顔にも見えてくる。

京都・由岐神社の石像獅子は、阿形は子ども、吽形は鞠を抱いている。


解説図録というようなものがないのが残念


京都国立博物館 特集陳列 獅子と狛犬 のページ


地蔵と十王像


地獄の裁判員オールスターズといったところでしょうか。

死後生前の行ないを吟味する裁判を受けなければならない。その裁判長が十王で、初七日から三回忌までを十人の王が担当する。閻魔王はその中心的な存在です。

ズラリ並んだ京都・常念寺の十王坐像・司命・司録坐像は圧巻です。おまけに奪衣婆坐像もいました。奪衣婆の前には合掌をする亡者の姿が。奪衣婆に比べると、とっても小さい。

審判をくだす十王たちはみな目をむき出しており、とっても怖い顔をしていたるのですが、都市王(一周忌)だけはは、なぜか微笑を浮かべているように見えて、優しい顔に感じました。

その他に地蔵菩薩が何体か。地蔵菩薩は地獄までも救済しに赴いてくれてます。

京都国立博物館 地蔵と十王像 のページ

展示作品リスト【地蔵と十王】

指定作品名員数所蔵
重文地蔵菩薩坐像1躯御影堂新善光寺
重文地蔵菩薩坐像1躯京都・新町地蔵堂
重文地蔵菩薩坐像1躯京都・法性寺
地蔵菩薩坐像1躯
地蔵菩薩坐像1躯
地蔵菩薩坐像1躯
十王坐像・司命・司録坐像12躯京都・常念寺
奪衣婆坐像1躯京都・常念寺

日 程:2015年12月15日 ~ 2016年3月21日
展示室:1F 彫刻展示室


特集陳列 刀剣を楽しむ


1F展示室の一番奥の部屋には、なにやら行列が。一体なんだろう?と思って行ってみると、『刀剣を楽しむ-名物刀を中心に-』の展示室でした。

行列の正体は、最前列での鑑賞をするための行列で、約20分の待ちの行列でした。。。

中高年男性に愛好家が多かった日本刀ですが、近頃は歴史上の名刀などを擬人化したイケメン刀剣男子を鍛えて戦うインターネットゲーム『刀剣乱舞(とうけんらんぶ)』の影響で、若い女性たちが熱いまなざしを向けているそうだ。

後方からの鑑賞なら待ち時間なしで鑑賞できるということだったので、入ってみたのですが、人口密度高っ!!
人酔いしそうだったし、第一、刀には興味がなかったので、さっさと出てきました。

京都国立博物館だよりより
特集陳列 刀剣を楽しむ

日程
2015年12月15日(火)~2016年2月21日(日)



上記の展示は、いずれもすでに終わっていますが、特別展など大きな展覧会でなくても、こうしたテーマを持ったこじんまりとして展示もいいものですね。
やっぱり、博物館って何度行っても面白い!!



2014年秋、『MIHO MUSEUM』で開催された企画展「獅子と狛犬 - 神獣が来たはるかな道」の図録兼作品集。
奈良にすんでみました 』さんが見応えたっぷりの充実した内容だ、と書評しています。

獅子と狛犬
青幻舎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 獅子と狛犬 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



神社の参道や拝殿脇に鎮座する「狛犬」について、その由来や形状の違いなどをわかりやすく解説しています。
日本全国 獅子・狛犬ものがたり
戎光祥出版
上杉 千郷

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本全国 獅子・狛犬ものがたり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック